ステッカー印刷をするなら

ステッカー印刷は、簡単に安く印刷することができます。そのステッカーもたくさんの印刷の種類があります。あなたの描くデザインに合わせて種類を選ぶことで、よりデザイン性が高くなりますし、他のステッカーと差をつけることができます。用途に合わせてステッカーを耐水性のある素材にしたり、反射材を使うこともできます。では、どんな種類のステッカーがあるのかをご紹介したいと思います。是非、ステッカー作りの参考にしてみてください。

ステッカー商品の種類

  • 透明ステッカー
  • クラフト紙ステッカー
  • 立体ステッカー
  • アート紙ステッカー
  • ホログラムステッカー
  • 屋外用ステッカー
  • ゴールドステッカー
  • 反射材ステッカー
  • マグネットステッカー

デザインに合わせて!ステッカー印刷の種類を選ぼう

ブランディング確率に

ステッカー印刷で、自社のロゴステッカーの作成が簡単にできる時代になりました。自社のロゴステッカーを作ることで、宣伝にもなりますし、ブランディング効果が見込めます。人は、毎日目にするものに親近感を抱きやすいです。ステッカーはどこにでも貼ることができますし、多くの人の目を引くデザインのものであればその効果はより高まります。ですから、ステッカー印刷のメリットは大いにあるかと思います。また、文字などとは違い、形や色で覚えられるので小さい子も覚えやすい点もあります。インパクトもあるので、人々の記憶に残りやすくもなります。イメージアップを図りたい企業や、宣伝効果を高めたい企業は、一度ステッカー印刷を考えてみてはいかがでしょうか。

ステッカーの素材

ステッカーの素材は、主に2つの素材から選べます。紙素材とフィルム素材です。紙素材の中でも1番人気な素材がアート紙で、比較的値段も安く表面にコーティングを施せます。他にも、クラフト紙やホイル紙などがあります。フィルム素材は、ユポステッカーなどは水に強いので、こちらも人気の素材になっています。他にも、透け感のある透明ステッカーや七色に光るホログラムステッカーなど、様々な素材に合わせたステッカー印刷が施せます。

ステッカーの活用方法

ステッカーの活用方法は、色々なシーンで使うことができます。会社のイベントやセミナー、展示会などのや受付前に置いておくと目につきやすいです。こういったイベントを利用して、ステッカーを配布しアピールしていくことも可能です。他にも、社員に配布してもらうことで宣伝効果も高くなりますから、社員に配布してもらったり、貼ってもらうと良いと思います。そのためには、貼りたくなるようなデザインを考えていくことも大切です。

広告募集中